2017-03-09

やる気アップ! 学びが続く学研ゼミの「ご褒美ポイント」


■やったことを見える化! ポイントチェックでやる気アップと学習の習慣作りを


やる気をキープするって、難しいですよね。
おとなだって難しい。

私たちはおとなになるまでの間に、何かを続けるための工夫を人生のいろいろなシーンで経験してきたはずです。
幼稚園に行くとシールがもらえるとか、ラジオ体操に参加するとスタンプを押せるとか。
仕事や家事でも達成したらその項目に線を引いたり、塗りつぶしたり。
自分がやったことを見える化することで、達成感と、次に何をすべきかが見えてきますよね。

学研ゼミでは、お子さまがログインするたびに、ログインポイントがたまります。
さらに、ドリルをクリアしたり、ジュニア新聞や図書ライブラリーなどのサービスを利用すると、それぞれポイントがたまります。

子どもマイページの左下の部分、コインのマークの横に数字で表示されているのが「ポイント」です。
毎回増えていく数字がうれしいので、自然と学習が習慣化します。
もしお子さまがポイント表示に気づいていないとしたら、もったいない! 
「今日は30ポイントたまったね、ほらポイントが増えているよ。頑張ったね」などと声をかけて振り返ることで、
「よーし、じゃあ明日はドリルを3個クリアするぞ!」とやる気アップにつながります。
お子さまのモチベーションアップにぜひ「ポイント」を活用してください。

■自分のアバターをカスタマイズ。愛着がわいて毎日見たくなるのも狙い


学研ゼミの「子どもマイページ」には、右下にお子さまの分身となるアバター(キャラクター)が表示されます。
登録したときは男の子には男の子キャラ、女の子には女の子キャラが、いくつかの決まったパターンの髪型や服で割り振られます。
このアバターは、たまったポイントで好きな髪型や表情、服などにカスタマイズすることができます。

アバターアイテムは「ポイントこうかん」のページで手に入れることができます。
期間限定のレアアイテムや、「ワンダードリル」の特別イベントでしかゲットできないアイテムもあるので、
どんどんサービスを利用してポイントをためたくなります。

保護者の方からみても、アバターがお着替えしていたら、「たくさんドリルをクリアしたんだな」とひとめでわかります。
「あれ、昨日と違う服だね」と声をかけたら、「これは超レアアイテムなんだよ!」と説明してくれるかもしれません。
アバターをきっかけにお子さまに声かけをしていただけると嬉しいですね。

■ランキング上位に入ると、自分のアバターが表示されるので頑張りたくなる


「ワンダードリル」には“チーム戦”という機能があります。
期間限定で2つのチームに振り分けられ、それぞれのチームに所属している子どもたちのポイント合算で競い合います。
勝ったチームにはさらにポイントがプレゼントされるというイベント機能です。

その“チーム戦”で一緒に頑張るメンバーのアバターを見ることができます。
「ランキング」コーナーではチーム内でのドリルクリア数のランキングが発表されます。
10位までに入選すると、アバターが表示されるので、やる気につながりますよ。

所属するチーム名が書いてある丸いマークをクリックするとランキングとチームメンバーを見ることができます。
チェックしてみてください。

ご褒美ポイントを上手に活用して、お子さまのやる気をキープし、頑張りたい気持ちを刺激してみてはいかがでしょうか。


学研ゼミ